GLAD(グラッド) スタッフブログ

マダイゲーム!

フィールドスタッフの岡峰です。

産卵の為、接岸してきたマダイが好調です。
リーチやエルボー・ソラリンといった2.2、2.5インチクラスの細身で少し長めのワームにバイトが集中します。
これは、この時期、マダイがイカナゴを意識しているからです。
特にリーチの動きは、アクションを入れるとイカナゴのようにキビキビ動いてくれる。

ソラリンは、そのボリュームで、マダイに気付かせる。
エルボーは、ジョイントのお蔭でナチュラルにそしてスローな演出でマダイのバイトを誘発させる。
カラーは特に『赤系』
e0203101_10152617.jpg

リーチは、LZ-09桜海老
ソラリンは、SL-03こきひ
エルボーは、チャールストンなどといった赤いラメが特に有効。
e0203101_10153990.jpg

ワームのサイズ、ボリュームなどもそうですが、カラー(ラメ)も重要です。
釣り方ですが、私の場合は、キャロライナーリグで狙います。
キャロは、遠投と馴染みの良さからタングステンを使ってます。
重さは、2.5~5g程で流に応じて交換します。
ここで、重要なのはボトムを意識させる事です。ボトムを転がすイメージでリグを流していきます。
ジグヘッドも少し重めの方が良いでしょう。

マダイのレンジも浮いたり、沈んだりすると思いますが、ボトムでのヒット率が多いです。
狙う場所ですが、潮通しが良く、掛け上がりなどの地形に変化がある所が良いでしょう。

アクションは、リフトや小刻みなトゥイッチなど時には巻きも…。
アジやメバルと一緒でフォール&ドリフトの時にバイトが出ます。
バイトがありヒットしなくても回収せず、もう少し粘ってみるのもありです。

まだまだイカナゴ付きのマダイは中盤です、ショアからピンクに輝くマダイを狙ってみては如何でしょうか。
[PR]
by glad-anglers | 2013-05-09 10:19